スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美の解析



  昔から、音楽よりも美術が好きだった。

 最近、惹かれているのは「生け花」「陶芸」だ。

 先日、生け花の展覧会で池坊展に行ってきた。
 生け花って おもしろい!!

 何か、枠や法則性がある気がして、
 よくいう黄金比率っていうのかな? 
 バランスが計算されつくしている気がして奥深く面白かった。
 ここまで考えられているんだって思った。
 平面的ではなく3次元の広がりを感じた。
 こんな小さな、枠の中でこんなに自由な発想ができるなんてすごい!!
 って感動してしまった。

 なんか、こういうの求めていたんだよね。


 で、この美しさとかって何を定義にしているんだろうと思った。

 なぜ、美しいと感じられるのかとの疑問におもった。
 おそらく、計算されたバランスやら比率やらがあるんだと思った。

 そんなアンテナを張っていたらこんな本に出会った。
美の解析―変遷する「趣味」の理念を定義する試論美の解析―変遷する「趣味」の理念を定義する試論
(2007/11)
ウィリアム ホガース

商品詳細を見る
 
 

 この本は歴代の当時美しいとされたもの、芸術家の作品を比較し論評したものである。
 たとえば優雅さには曲線が必要不可欠というひとがいたが一方で
 直線こそが人間の形態における真の美を形成するものであると
 両極端の意見があり価値観があるなかで、答えを見出した本である。
 ⇒たぶん…


 印象的だったのは、
 優雅さや美しさは曲線や波線、動き続けること、流れる動き
 多様性、単純性、対称性を兼ね備えるもの。

 つまり、見ていて生きている感じとか、生き生きした感じを出すには
 やわらかい曲線や波線が必要なのだと思った。

 立ち居振る舞いでも、やわらかくふわっとコーヒーカップを持つのと
 直線的に持つのでは印象が全くことなる。
 前者の方が、優雅に見え、後者の方が雑に思えてしまう。
 
 
 私の理想は優雅さなのだ。
 なめらかに優雅に動くにはインナーマッスルを使わないといけない。
 昔はインナーマッスルが弱く、動作も荒々しかったが
 ピラティスを続けたおかげで今ではコントロールができるようになってきた。
 
  
 はじめの書き始めと全然違うところに行ってる気がするけどまぁいっか。
 
  
スポンサーサイト

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

少しずつ少しずつ


  ブログ久しぶりの更新です。
 
  ブログごと消さなかったのは、
  また、書きたくなる時が来るだろうなと思ったからです。


   色々、迷いが多くて、紙に書き出したら
  少しずつ、方向性が見えてきました♪
  
  今は、色々な人に出会えて楽しい。
  ツイッターも昨日から始めました。

   また、色々飛び込んで模索します。
  
プロフィール

にこちゃん。

Author:にこちゃん。
こんにちは!
病院で理学療法士として勤めています。

 2008年6月 DMJボディバランシング認定ピラティスインストラクター取得
 2008年10月 BODY CORD認定 ELVISインストラクター取得
 
 直感でなんらかピーンときたかた、
その直感を信じて連絡下さい♪ お待ちしています。
 k_noriko0210@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Rankingランキングにワンクリックお願いします。
FC2ブログランキング
ブログランキングにワンクリックお願いします\(^o^)/

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。